財務と経理の違いを説明

スポンサーリンク
会計のはなし

会計に携わっている方の中にも明確な区別がついていないのが財務と経理。特にどちらの仕事にも深く関わる会計事務所は、両者を区別せずに業務を進めていることが大半です。

今回は、財務と経理の仕事の違いや両者に深く関わる管理会計と税務会計の違いについてもお話します。

混同しやすい財務と経理の仕事内容

混同しやすい財務と経理の仕事内容

会計業務に携わることから混同されがちな財務と経理ですが、両者の仕事内容は明確に区分されています。

両者の区分のポイントは、「将来を予測するもの」か「結果をまとめるもの」かとなります。ここでは、財務と経理の仕事内容についてお話します。

財務の仕事

財務部の仕事は、将来必要となる資金をどうやって調達してくるかを考えることです。

資金調達には、銀行からの借入や増資などがありますが、経理が作成した会社の実態を参考に企画立案します。

このように、財務の仕事は、将来の事業に必要な資金をどう確保するかを考えることが仕事となります。

そのため、財務で作成する数字は、過去の実績に基づいた希望的観測も含まれていることになります。

経理の仕事

経理の仕事は、会社が行なってきた取り引きを財務諸表という報告書にまとめることです。

財務諸表には、体外的に公表するための決算書と、社内用の試算表がありますが、販売や購買、人事、総務などで使用されたお金の絡む取引を集計・報告します。

このように、経理の仕事は、会社がおこなってきた取引の結果をまとめることが仕事となります。

そのことから、経理が作成する数字は、会社の実態が反映された真の数字ということになります。

資金調達のカギは財務と経理の関係

良い商品やサービスを提供するために販売と購買の関係は重要ですが、財務と経理の関係も同じように重要となります。

たとえば、経理の数字が誤っている場合は、財務が作る将来の見立てが誤ったものになりますし、両者の関係が悪い場合は、数字そのものが作成できないこともあります。

財務と経理の仕事を理解

財務と経理の仕事を理解

今回は、財務と経理の仕事内容の違いについてお話しました。

財務と経理の仕事内容の違いは、将来を予測するものと結果をまとめるものでした。両者がそれぞれの仕事を正確にすることで、会社の正確な実態と精度の高い予測からスムーズな資金調達ができるようになります。

ただ、両者の関係が良くない場合や正確な仕事ができない場合は、余計な時間がかかってしまいます。経営者は、この両者の関係を良好に保つ方法を、両部署の責任者とスタッフは、それぞれの仕事を正確に処理する方法を考えていくことが大事です。