スポンサーリンク
会計のはなし

決算の信ぴょう性を担保する方法

大手自動車メーカーの会長が、不正による逮捕には衝撃を受けました。真偽や経緯は今後を見守るとして、会計に携わるものとしては、これまでに公表してきた決算の信ぴょう性に興味が湧いてしまいます。今回は、決算の信ぴょう性についてお話します。
会計のはなし

会計伝票のもととなる資料の作成プロセスを知れば数字の担保が可能

日頃仕訳を作成する際にどのような資料を見ているでしょうか。請求書や領収書は目にしていても、その書類がどうやって作成されているかを見る機会はあまりまりません。今回は、会計伝票で使うさまざまな資料の作成プロセスについてお話します。
仕事のはなし

頭を整理することの重要性と2つのカギ

仕事をしていると考えが煮詰まってしまうことがよくあります。煮詰まるとは、思考が先に進まなくなることを言いますが、その状況を打開することができます。今回は頭を整理する方法についてお話します。
仕事のはなし

経理が陥りやすい数字のマジックの原因と対策

常に数字と向き合う経理は、数字を扱う立場にいるにもかかわらず数字に扱われることがあります。今回は、会計事務所職員としても知っておきたい経理が陥りやすい数字のマジックについてお話します。
会計のはなし

売上債権回転率から見る債権額の正常性

決算書や試算表の分析指標の一つ「売上債権回転率」を用いることで、債権の回収状況を推定することができます。今回は、債権の回転率についてお話します。
業界のはなし

会計事務所の仕事上で生じる顧問先とのギャップ

税金周りはもちろん幅広く顧問先のサポートをする会計事務所の仕事は、多種多様です。今回は、会計事務所の仕事に関して、顧問先との間に生じるギャップについてお話します。
業界のはなし

手に職の人気資格で目指すのは会計のプロか税務のプロか

会計業界に進もうと考えている方向けに、税理士と公認会計士の仕事の違いについてお話します。
税務のはなし

外形標準課税の意味と考え方

外形標準課税が導入されて随分時間が経ちます。基本的には大企業に分類される企業が対象となるので、中小企業を顧客とする会計事務所ではあまり目にする機会がありません。今回は、外形標準課税の意味と考え方についてお話します。
会計のはなし

財務と経理の違いを説明

会計の専門家の中にも正確に区別ができていない方がいる財務と経理。今回は、財務と経理の仕事内容の違いについてお話します。
会計のはなし

建設業会計の特徴

専門の資格が存在するほど特徴のある建設業の会計処理。建設業に関わった当初は困惑することも多いのではないでしょうか。今回は、建設業会計の特徴についてお話します。